スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。
更新の励みにクリックしていただけると嬉しいです♪
>>>美容ブログ アンチエイジング

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤とは?

2009年08月14日

日焼け止め紫外線対策の必需品。
日焼け止めに記載されている「SPF(紫外線防御指数)」の数字で選んでいませんか?

SPFは日焼け防止の目安となりますが、まず知っておきたいのが、日焼け止めには種類があることです。日焼け止めには2つの種類があって、「紫外線吸収剤を使用したもの」と「紫外線散乱剤を使用したもの」があります。

紫外線吸収剤は、化学反応によって紫外線を吸収する成分が使われています。
紫外線散乱剤は、紫外線を乱反射させて防ぎます。

注意したい点は、紫外線吸収剤の中には、「アレルギー等の皮膚障害を起こすおそれのある成分」として、厚生大臣が指定している成分が使われていることがあるそうです。
また、紫外線吸収剤が皮膚に入ってしまうと、肌トラブルを起こしやすくなることです。

紫外線散乱剤も万能ではなく凝集しやすいため、肌が白く見えたりするそうです。

日焼け止めを選ぶ時に、肌の弱い人は紫外線散乱剤を使用したものを選ぶようにしましょう。


関連記事

ランキングに参加しています。
更新の励みにクリックしていただけると嬉しいです♪
>>>美容ブログ アンチエイジング



【美容のプロおススメ 世界のコスメ セレクトショップ】LOTTE STYLE

コメント

  1. おさむ | URL | -

    日焼けは、
    僕の病気に悪いと色々な工夫が話し合われてますね。

    凸。

  2. エリン | URL | -

    Re: タイトルなし

    >おさむさんへ

    コメントありがとうございます。
    日焼けは体によくないのですね。
    子供の頃、真っ黒に日焼けしていたことが懐かしいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
★本文中に言及リンクの無いトラックバックは承認しないシステムになっています
http://rankakumaku.blog42.fc2.com/tb.php/117-e488a505
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。