スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。
更新の励みにクリックしていただけると嬉しいです♪
>>>美容ブログ アンチエイジング

女性ホルモン日記・キャンメイク メイクミーハッピー<オードトワレ>ピンクフルーティ

2011年04月07日

香り選びは難しい。

駅ですれ違いざまに、ふんわりと甘い香りを残す女性がいる。匂いフェチのエリンはつい後を追いたくなる。「その香水は何ですか?」と聞きたいから。でも、そんな勇気を出すことができず、後姿を見送るだけ。

好きな香りを見つけることは何十年も無かった。香りには妥協してばかりでした。

でも先日、店頭でシュッと吹きかけた時に、「うわっ、この香り好き!」と思ったのが、 CANMAKE【キャンメイク】メイクミーハッピー<オードトワレ>ピンクフルーティ

キャンメイク メイクミーハッピー<オードトワレ>ピンクフルーティ

キャッチコピーにもノックアウトされました。

恋に効く、魔法のひとふき。
ハッピーな気分になれる、とろけるように甘いジューシーフルーティの香り。



税込1,575円とお手ごろ価格なのですが、トップノート、ミドルノート、ラストノートと3段階なるように調合されている。
トップノートは、グレープフルーツ、ライチ、カシス、アニスの香り。
ミドルノートは、ラズベリー、ユリ、ローズ、ジャスミンの香り。
ラストノートは、ホワイトムスク、アンバー、サンダルウッド。

このオードトワレピンクフルーティは外出する時はもちろんのこと、気分を変えたい時に部屋の中でも、シュッと吹きかけています。

女性ホルモンにはバラの香りがいいと言われていますが、ピンクフルーティもなかなかのものです♪好きな香りに出会えるって、幸せなことですね。

 CANMAKE【キャンメイク】メイクミーハッピー<オードトワレ>ピンクフルーティ

スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
更新の励みにクリックしていただけると嬉しいです♪
>>>美容ブログ アンチエイジング

女性ホルモン日記・とかげ/吉本ばなな

2011年04月06日

吉本ばななさんのとかげの感想。

私の衝動的なプロポーズに対して、長い沈黙の後とかげはこう言った。「秘密があるの」-。幼い頃遭遇したある事件がもとで、長い間目の見えなかったことのあるとかげ。そのとかげにどうしようもなく惹かれてゆく私。心に刻まれた痛みを抱えながら生きてきたカップルの再生の物語「とかげ」。運命的な出会いと別れの中に、ゆるやかな癒しの時間が流れる6編のショート・ストーリー。



6編の中で、「とかげ」だけの感想です。
吉本ばななさんの小説はずっと昔に何かを読んだ記憶があるけれど、本のタイトルは思い出せない。なんだか不思議なストーリーだったという記憶だけあります。そして、数十年ぶりに吉本ばななさんの小説を手にしました。

女性ホルモン日記で、とかげを取り上げた理由は、恋する気持ちというものを思い出したから。

本当はただたださわりたくて、キスしたくて、抱きたくて、少しでも近くに行きたくてたまらなくて一方的にでもなんでも、涙がでるほどしたくて、今すぐ、その人とだけ、その人じゃなければ嫌だ。それが恋だった。思い出した。



恋って、そうだった。
なんでもないある日、突然胸が苦しくなって、ぎゅっと何かにつかまれる。自分の意識ではどうにもできない気持ち。それが恋の始まりだったことを思い出した。

恋をすると女はキレイになるのは、自分ではどうにもできない力のおかげなのね。


ランキングに参加しています。
更新の励みにクリックしていただけると嬉しいです♪
>>>美容ブログ アンチエイジング

女性ホルモン日記・潤一/井上荒野

2011年04月05日

恋をすると女はキレイになるとよく言いますが、テレビで女性ホルモンを活発にするためには、恋愛がいいと言ってました。

人妻の身で恋愛をするというのは難しいもの。そこで、恋愛映画や恋愛小説でも似たような効果があるそうです。エリンはもともと読書が好きなので、あまり読まなかった恋愛小説にもちょろっと手を出し始めました。

今回読んだのは、井上荒野さんの潤一
9人の女性と潤一の物語です。

伊月潤一、26歳。住所も定まらず定職もない、気まぐれで調子のいい男。女たちを魅了してやまない不良。寄る辺ない日常に埋れていた女たちの人生は、潤一に会って、束の間、輝きを取り戻す。だが、潤一は、一人の女のそばには決してとどまらず、ふらりと去っていく。小さな波紋だけを残して…。漂うように生きる潤一と14歳から62歳までの9人の女性。刹那の愛を繊細に描いた連作短篇集。



平凡で幸せな毎日の中で、ふと魔がさすというか、潤一のような男に惹かれる時期ってあるのかもしれない。頭ではわかっていても、女性という性がつよく求めてしまうような。

登場する女性達は年齢が異なるのですが、潤一を通して自分の存在意義を確かめているのだと感じました。




ランキングに参加しています。
更新の励みにクリックしていただけると嬉しいです♪
>>>美容ブログ アンチエイジング

自己紹介(100の質問)バトン

2011年04月02日

おとうふさんと師匠がやっていたので、初バトンにチャレンジです。
夜中に回答したため、変なことを書いたかも。

お時間のある方は[ 続きを読む ]をクリックしてください♪
[ 続きを読む ]

ランキングに参加しています。
更新の励みにクリックしていただけると嬉しいです♪
>>>美容ブログ アンチエイジング



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。