スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。
更新の励みにクリックしていただけると嬉しいです♪
>>>美容ブログ アンチエイジング

結婚願望のない女

2010年04月02日

エリンは既婚者なのですが、今振り返ると結婚願望のない女でした。

数十年前のことです。ずっとキャリアウーマンに憧れ、社会人になってから、道の険しさにおののいてしまった。学歴もないし、スキルもないし、会社では「雑用をする女の子」として扱われる。会社での存在価値は若さだけ。寿退社が当たり前の時代でした。

恋愛する中で、いつも結婚という文字はチラついていました。でもそれは、相手が結婚するぐらい自分のことを好きなのかというバロメーターであって、結婚生活を夢見ていたのではないのです。

感情で動く性格のため、「一緒にいたいから、結婚するーっ」と勢いで結婚し、すぐ子どもができて、主婦となったわけです。

なので、家庭的な奥さんでもなく、母性溢れる母でもなく、気づくとぽつんって自分がいる日々を送っています。

周りには素敵な奥さんややさしいママさんが多くて、いつも羨望のまなざしで見つめてしまうのですが、年齢を重ねる毎に、妻と母親という立場から、遠のく気がします。

こんな妻で申し訳ないと夫には謝りたい気持ちですが、そんなエリンを選んでくれた夫には深く感謝をしています。


果たして、夫や子ども達は満足しているのか?怖くて聞けません。

でも、若かりし頃、考えて行動する性格であったら、一生結婚はできなかったのだろうと思います。
いろんな形の家庭があって、それぞれ幸せを感じられたら、それでいいと思っています。
スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
更新の励みにクリックしていただけると嬉しいです♪
>>>美容ブログ アンチエイジング

浮気は怖い

2010年03月02日

浮気をしてしまった。

浮気をするエリン。「それでいいの?」と自分の行動をたしなめるのもエリン。
行動する人とその姿を見ている人、どっちもエリンだった。

不思議だなーと思ったら、ぱっと何かが弾けた。

そう夢の中での出来事でした。目が覚めてほっとした。
(驚かせてごめんなさい)

夢は疑似体験できるから、よい勉強になる。
浮気は怖いなーとわかった。



カラダの裏切りよりも、精神的な裏切りは、
とてもとても深く、長く残る。きっとお互いに。

夕焼けをじっと見つめる

ランキングに参加しています。
更新の励みにクリックしていただけると嬉しいです♪
>>>美容ブログ アンチエイジング

愛されるコツは?

2010年02月06日

愛されるコツは?

アラフォーになって気づく。
女は弱い方がいい


先日父親から「お前は強すぎる」と言われ、凹みました。

たしかに、父親の言葉は正しい。

エリンはどちらかというと、男勝りなのかもしれません。
20代の頃は世間知らずで、誰かがそばにいないと何もできませんでした。

でも、母親になったのと、世間の荒波にもまれたせいで、強くなってしまった・・・。

ダーリンは受身の人なので、エリンが家庭のリーダーシップを取らなくちゃいけませんでした。たとえば、いつもは家族旅行をエリンが仕切るのですが、たまにダーリンに仕切ってとお願いすると、「俺はできないよー」とすぐ却下。そんなこんなでずっと家庭の司令塔になってしまいます。

そして、子供を育てて、家族が生活していくためにはエリンが男勝りになって、仕事をしていくしかない。時を経て、強くなってしまうものですね。

幻のモテ期を思い出すと、「男性が守りたくなる女性だったわ、私」と思います。

今さらどうにもできないけれど、女は弱い方が愛されます。
せめてかわいい女と思ってもらえるよう、地道に努力していきます♪
ランキングに参加しています。
更新の励みにクリックしていただけると嬉しいです♪
>>>美容ブログ アンチエイジング

「夫婦」という幻想

2009年09月25日

夫婦って何?結婚って何?と考えることがあったら、
「夫婦」という幻想を読むと、参考になることがあります。

目次はこちら。
第1章 妻のサインを見逃すな!─しょっちゅう「離婚」を口にしていませんか?
第2章 なぜ「うまくいかない」か?─夫と妻の思考はこんなにズレている
第3章 「家族」というものとは?─あなたが考える夫婦の姿は幻想である
第4章 「結婚生活」をレビューする─私自身、どのように「夫婦」をやりくりしてきたか
第5章 夫婦も「契約更改」!─夫婦関係も、アパートの賃貸契約と変わらない
最終章 夫婦というパートナーシップ─ひとりぼっちにならないために


「夫婦」という幻想

たまたま書店で目に入った本です。
パラパラと数ページ読んだだけで、すぐレジへ並びました。

先日の記事に出てきた友人にも薦めたら、「これいいっすね」と喜んでくれて嬉しい。
夫婦でいる意味 - 卵殻膜コスメで女に戻る日

熟年離婚の予備軍である夫に向けて書かれた内容ですが、
妻としても参考になる箇所が多いです。

たとえば、「妻はすっかり変貌してしまった」と思っている夫に向けて、
「人間は変わって当たり前なのです」と書かれている点。

エリンはそうそう!と思わずうなずきました。
「付き合っていた頃はこうだったのに」とダーリンから言われると、
「変わってしまった私が悪いの?」と自分を責めてしまうのですよ。
今は生活するために働かなくてはいけないし、子供も親の愛情が必要。
恋人同士のままではいられない・・・。

共感しながらも、夫の心理がわかるという点もためになりました。
この1冊だけで判断してはいけないのですが、口下手な夫はこう思っているのかもしれないと、夫側の気持ちが少しでもわかるのはありがたいです。
夫脳と妻脳の違いってあるんですね。

本の内容の一部(チェンジングパートナーのすすめなど)は賛同できない部分もありますが、友達にも相談できない夫婦の悩みを抱えている人には参考になる一冊です。
ランキングに参加しています。
更新の励みにクリックしていただけると嬉しいです♪
>>>美容ブログ アンチエイジング

夫婦でいる意味

2009年09月20日

夫婦でいる意味って、一体何だろう?

数年ぶりに会った友人から、「離婚した」と報告を受けて驚いてしまった。
友人とも奥さんとも、仕事絡みでたまに会っていて、
「最近、連絡ないな」と思った矢先の報告でした。

離婚の原因は「いつの間にか友人みたいになってしまって、夫婦でいる意味が無くなった」とのこと。
離婚してからも、たまに会っているそうで、
「友人としてはいいけれど、復縁はありえない」と言っていました。

夫婦でいる意味

友人の話を聞いてから、「夫婦でいることの意味って何だろう」と考えてしまいました。

今のエリンはアツアツの夫婦とはいえません。

いつまでも自分を最優先して欲しいというダーリン。解決策を伝えても、変わろうとしないダーリン。
夫婦と親子、どっちを優先するべき? - 卵殻膜コスメで女に戻る日

何度も話し合っているけれど、状態は変わらずです。


結婚して十数年経つと、子供が産まれ、生活のために仕事を始めるなど、それぞれに役割が増えて、環境も変わっていきます。変わるということは成長していくことだと思っていて、家庭の変化と相手の変化に追いつかないと距離ができてしまうと思うのです。

その夫婦によって、夫婦でいる意味は違うけれど、
エリンの場合、夫婦である意味は心から尊敬して、お互いの変化を応援しあうことなのだと思いました。
ランキングに参加しています。
更新の励みにクリックしていただけると嬉しいです♪
>>>美容ブログ アンチエイジング

離活の前準備

2009年05月09日

離活は不安が大きそう。

離活という言葉、初めて目にしました。
目にしたのはこちら、4月から始まったNHKのドラマです。
このドラマは婚活と離活をするアラフォーの女性二人が愛と結婚を考える内容。

コンカツ・リカツ

ドラマは見ていないのですが、タイトルに衝撃を受けています。
婚活というポジティブな言葉に比べ、
離活のこのどきっとくる響きはなんでしょう。

家族のような緑

婚活は「婚活してます」と宣言しやすい=周りも応援してくれる
離活は誰にも言えない=一人で抱え込んでしまう
という点かしら。

エリンは離活をする人が心配です。
エリンはいろんな経験があるせいか、
実際に今まで何人もの友人に、
離婚の相談を受けたことがあるからです。

夫から暴力を振るわれた、性の問題、性格の不一致など、
友人達が離婚を考える理由はさまざまでした。

エリンは友人達の話をじっくり聞いて、
つらい現実を自分のことのように感じます。
でも、エリンはこう言います。


「頑張れるだけ頑張ってみて、それでも改善しなかったら、不幸だったら、
離婚した方がいいと思う。まずは働きに出て、経済力をつけてね。
そうしないと、離婚もできないよ。いつでも相談に乗るから。」


友人達が離婚をためらうのは
離婚したいけど、子供がいるし、経済力がない・・・
という理由が多いです。

離婚のスイッチはいつでも押せる。

でも、自分に子供を育てていく経済力、
または周りの応援がないと、
離婚後の生活が苦しくなってしまう。

離婚するしない、どちらにしても、
数年後、数十年後の自分はどうなっているか、
子供はどうなっているかを
ゆっくり考える時間が必要です。

これは離活の前準備みたいなもの。


働きに出れば新しい自分を見出せるし、
経済力もついてくる。
もしかしたら、夫との関係がよい方向に変わるかもしれない。

そんな願いを込めて、
エリンは今も、友人達の結婚生活を見守っています。



ランキングに参加しています。
更新の励みにクリックしていただけると嬉しいです♪
>>>美容ブログ アンチエイジング

夫婦と親子、どっちを優先するべき?

2009年05月02日

ダーリンが「寂しい」と言う。
ママのエリンは応えてあげられない。うーん、ジレンマ。
夫婦と親子、どっちを優先するべきなのかな。

青い空


エリンの家は共稼ぎです。
少しでも時間があると、子供と遊んで、おしゃべりする。
ダーリンはそれが不満みたい。

ダーリンは「1に夫婦、2に子供が大事だろ」と言うけれど、
順位をつけるのがそもそもおかしいと思う。

子供は手が離れるまで、しっかり手を掛けてあげたい。
エリンは親にいっぱい愛情を注いでもらったから、
自分の子供にも同じことをしてあげたい。

育児ってホントはダーリンとエリンですることなのに、
いつもダーリンは自分の趣味ばかりしてる。

ダーリンには「コドモといっぱいおしゃべりして」と
何度もお願いしているけど、実行に移してくれない。

だから、エリンがママばかりして、ダーリンをかまってあげられないのです。
ダーリンの「寂しい」攻撃にはホトホト困っています。


エリンは子供との時間を持つ=時間は少ない=寂しさを感じる暇はない

ダーリンは子供との時間を持たない=時間はある=寂しくなる

これじゃ、悪循環。
何度も話し合っているんですけどね。

この悪循環を断ち切るためには、
妻としてのエリンを見直すか、寂しいコールに耐えるか、
悩ましいところです。
ランキングに参加しています。
更新の励みにクリックしていただけると嬉しいです♪
>>>美容ブログ アンチエイジング



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。